Redshift レンダラー20%オフセール開催 と X-Particlesとの連携チュートリアル

早くも1月が終わり、2月になりましたね。本当に早くて嫌になります…。今期も残り僅かですが笑っていきましょうね。本日の自分のツィッターのタイムラインにこの様な情報が入って来ました。

Redshift 20%オフキャンペーン

海外の精力的なクリエイターのかたがたがこぞって使いはじめているRedshiftが明日から2月20日まで20%オフのセールを行うみたいです。

直販で購入の場合ですと

ノードロックで400ドル  フローティングの場合は480ドル

Purchase a Redshift licence.

ボーンデジタルさんを通した場合ですと

ノードロックで52,000円  フローティングの場合は62,000円

とそれぞれなっています。大変多くのサードパーティーからのレンダラーの販売により戦国時代の様になっていますが、自分はCycles 4Dだけで精一杯なので今回は見送りたいと思っています。興味のある方は是非購入をされてみて下さいね。

丁度先週 RedshiftとX-Particlesのチュートリアルを試作

先週練習も兼ねてまたX-Particlesをいじっていたのですが丁度Redshiftで作ろうと言う物を見ており試しに作ってみました。

動画の中ではRedshiftを使い、200万パーティクルの発生を行っているのですがとても早く描写されていました。マテリアルの設定をXpressoの様な画面で設定を行っているのが印象的でした。

因みにCycles 4Dでも問題なく出来まして、200万パーティクルで40秒くらいのレンダリング速度でした。

テクスチャーの明暗差と時間差を利用しカラーリングすると言う面白いチュートリアルでしたので時間のある方は作ってみて下さいね。

今回のセールで興味のある方が、どんどん買いシェアが拡大をして行くんでしょうね。ますますレンダラー戦国時代が激しくなりそうです笑

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする