Cinema 4D から Houdiniの学習を考えている方へ

現在Cinema 4Dを使っており、最近流行りでもあるHoudiniに興味があるんだけども…と言った方もいるかと思います。今日のブログでは学習の参考になる物をまとめてみました。

Cinema 4D から Houdiniの学習を考えている方へ

自分はHoudini 16.5から学習を開始し無事に1年ちょっと位経過し、挫折せずに何とか今までやってこれました笑

ざっくりとしたHoudini初心者の学習ロードマップはこちらにまとめていますので先にご覧になって下さい。

【追記あり】2019年事始め 初心者向け Houdini 17.5 オススメ学習方法 まとめ
昨年からご縁があり、Unityでのゲーム制作に参加、ここ最近はずっと UnityHoudiniAfter Effects に...

Cinema 4DからHoudiniへ学習の際に以下の物が参考になりました。

Houdini für Cinema 4D User

 

*画像クリックでサイトへ飛べます

現在Udemyで販売中の動画講座『Houdini für Cinema 4D User』これは本当に参考になりました。Cinema 4DとHoudiniを両方立ち上げて、Cinema 4Dでこの操作をした場合、Houdiniではこうなるよ、と言うのを交互に画面を映し操作をする為、

『ああ、なるほどHoudiniではこうなるのか。』

と言ったのが分かるかと思います。収録時間が、13.5時間と驚異的な長さなので全部を見ると言うよりかは、この操作はどうすればいいんだろう?と言った部分的な使用の方が良いかと思います。

*日本語翻訳をした全講座内容

タイトルを見て分かるかと思いますが、ドイツ語でのチュートリアルですが見て操作をする分には全く問題がありません。

この、『Houdini für Cinema 4D User』制作者のAndreas FülscherさんはUdemyのコースで他に、

Masterclass Redshift Cinema 4D

Professionell visualisieren mit Redshift in Cinema 4D

と、Cinema 4DとRedshiftの解説をしたコースもあるので興味のある方は一緒に購入してみましょう。

Udemyのコース購入時の注意

Udemyでは全ての講座が買い切り制となってまして、購入後はいつでも自由に閲覧をする事が出来ます。

で注意をすべきなのが、年がら年中セールを行っていまして1講座あたり

『セール価格 1,200円~1,400円あたりでの購入』

をオススメします。たまにセールを行わない講座もあるのですが、今回紹介をした『Houdini für Cinema 4D User』はセール対象商品で自分は1,400円で購入していました。

あと、Udemyでは30日間の返品が可能なので『講座の内容が良くなかった』『自分には合わなかった』などあれば、遠慮無く返品をしましょう。

過去に何度か返品をしたのですが、

『この講座のここの部分が分かり辛く良くなかった』

と理由をキチンと明記して連絡をした所、次回割引きになるクーポン券をもらった事もあるので、凄く運営がしっかりしています笑

その他のオススメ Houdiniチュートリアル

Rohan Dalvi mograph in houdini

インド人クリエイターのRohan DalviさんがCinema 4Dの強みである、

『MographをHoudiniで再現をするには?』

と言う試みを行っていまして全部で6個のチュートリアルを無料で公開しています。

Cinema 4Dユーザーですと何も考えずにMographを扱っていたかと思うのですが、PC上でどの様な処理を行っているのか?を丁寧に解説しHoudiniで再現しており、『Mographってこうなってたんだ。』と凄く勉強になります。(自分は目から鱗でした笑)

Houdini初心者がこのチュートリアルをいきなり行うと理解が難しいので、ある程度学習をして、『SOP、VOPの基礎』を学んでからの方がいいかと思います。

Alexander Golubeffさんのチュートリアル各種

イスラエルのクリエイター、Alexander Golubeffさんと言う方が、Houdiniで作ったオブジェクトやモーションを最終的にCinema 4D用に書き出しをし、Redshiftでレンダリングを行っています。

ここら辺の動画も見ておくとこう言った使い方も出来るんだなと言うのが分かるかと思います。チュートリアルではPyroが古い物を使っており、パラメーターに相違が出ているので、下記のサイトを見て自分なりに作ってみて下さい。

timj design YouTubeチャンネル

Cinema 4Dも使い、Houdiniも使えるtimj designと言うYouTubeチャンネルもオススメです。

TimJ Here for Visual Stuff and Tutorials!

CG界隈で良く見る、抽象的な『何だこれ?』みたいなAbstract Designのチュートリアルを多数手がけており、どれも簡単な操作で、

『これHoudiniではこうやるんだ』

と言うのが分かります。Cinema 4Dからだとこちらの動画はどれも刺さるのではないかなと。

あと、Houdini初心者がおちいりやすい、『ランダムスケール、ランダムローテーション』などもここで丁寧に解説をしてくれているので助かります。自分も最初本当にやり方が分からずに随分苦労をしました笑

Entagmaさん Houdini5分チュートリアル

Cinema 4Dとは全く関係が無くなってしまうのですが、EntagmaさんからHoudini 5分チュートリアルと言う物が最近開始になりまして、滅茶苦茶分かりやすいです。

簡単、分かりやすい、オシャレ、且つ短いと今一番オススメをするチュートリアルなので是非こちらも一緒にチェックをしてみて下さいね。

Cinema 4DのHoudiniプラグイン

こちらのサイトで、Cinema 4DにHoudiniを読み込む際のプラグインの事などを書いているので気になる方は読んでみて下さい。

2015年6月22日、Houdini Engine for Cinema4Dのパブリックベータ版がリリースされ…
特殊効果系、特に、流体エフェクト(液体、煙、爆発etc)をC4Dの基本機能だけでやろうとすると、膨大な作業量が必要になることがあり、物理的に現実的でなくなることがあります。このような場合、最後の手段としてプラグインが欲しくなることがあります。例えばRealFlowを筆頭に、流体を扱うことができるプラグインはいろいろあり

まとめ

Cinema 4D愛用からHoudiniの学習を開始し1年ちょっと経過をしましたが、何とかかんとか挫折をせずに来れてます笑 1年経過しまだ初心者の域を出ておらず分からない事だらけですが苦笑

Houdiniは実際に操作をすると本当に難しいのですが、

『なるほど~これってPCでこう処理されていたんだ。』

と言う気付きが多く、自分には合っていたソフトなのかなと思っています。(元々歴史や、物の成り立ち生い立ちなどを知るのが好きなタイプの人間です)

人に寄って、合う合わないがかなり大きいソフトなので、合わなければCinema 4Dをそのまま使い続けるでもいいのかなと思います。

あと、Houdiniを使ってこれは凄いなあと感じたのは、

・プラグインソフトが一切要らない(レンダラーは除く)

・作りの流れが視覚化出来確認しやすい

・どんなデーターでもアクセス出来操作をする事が出来る

・デジタルアセットで自由に素材化が出来る

と上記4点は本当に凄さを感じました。興味のある方は、是非Houdiniの学習も開始してみて下さいね。まあ、あと学習で一番大切なのは、『楽しむ』これですね笑

Houdini学習にオススメの書籍一覧です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする