Cinema 4D オススメ チュートリアル.12 Cinema 4D で Cinema 4D のロゴアニメーション

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル12個目です。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動画が大変オススメです。

Cinema 4D の  ロゴアニメーション

Cinema 4D で Cinema4D のロゴアニメーションを作ると言うチュートリアルです。Cinema 4DのR12までは、HUD(ヘッドアップディスプレイ)の様な機械的なロゴだったのですが、R13以降は随分シンプルなロゴに変わりました。

以前ここに記載をした、円の様々な表現のチュートリアル、ステップの効果も参考になりますので、頑張って作ってみましょう。

学べる事

・プリミティブの配置

・プリミティブの拡大、縮小

・メタボールオブジェクトの子配置

・ブールオブジェクトの配置

・サブディビジョンサーフェースの適用

・現在の状態をオブジェクト化の適用

・オブジェクトを一体化+消去の適用

・ライトと背景の設置

・プリミティブのクロスナーブスの適用

・クローナーオブジェクトの適用

・ステップエフェクターの適用

・アニメーションの設定

とざっと書くと上記の様な感じでしょうか。クロスサーフェイスの子にすると厚さと言うパラメーターがありますので、ペラペラのポリゴンに厚みを付ける事が出来ます。今後様々なシーンで使うので、覚えておきましょう。

 ブールなども、モデリングやアニメーションなど様々なシーンで活用をしますので、パラメーターをいじりどの様な効果、結果を出すのか?と学んでみましょう。

関連動画

上記の動画は、マテリアルやライトのシーンは簡易的な作りになっているので、より本物の様な物を作りたいという方は、下記の動画を参考に、マテリアル、ライティングにこだわった物を作ってみるのをオススメします。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする