Cinema 4D で制作されたかっこいい映像 その2 『Guillaume Combeaud Vidéotron – Club à Volonté』

国際放送機器展NAB(National Associations of Broadcasters)2017が開催されており、こぞって、プラグインソフトのセールを行っていますね。

驚いたのが、Cinema 4Dでもお馴染みと言えるX-Particles開発元のINSYDIUMが、4/27まで50%オフの半額セールをしています。ポンドになりますが、本日(142.09円)現在で

X-Particles が225ポンドで、約32,000円

Cycles 4D  とのセットですと、300ポンドで、約43,000円

とお買い得です。レンダラーとセットでこの金額であればお買い得ですよね。自分もまあ、いつか買えばいいかな・・、位にしか思ってなかったのですがこの金額であれば購入してしまわんばかりの勢いです。ちょっと検討してみます。

本日は引き続き、見て勉強になったCinema 4Dで制作された映像とメイキングです。

『Guillaume Combeaud Vidéotron – Club à Volonté』

カナダのモントリオールで活動をされている、Guillaume Combeaudさんの作品です。これでもかと言う位、Cinema 4Dの醍醐味であるMoGraphをふんだんに使った動画です。

メイキング

シーンごとの階層状態や使用エフェクターなども非常に丁寧にコメントがされており、これを見るだけで勉強になります。

特段難しい事をしていないのですが、各種エフェクターのパラメーター、カメラ位置をこまめに変更をし、躍動感、迫力のある映像を作っているのが分かるかと思います。

関連動画

そのほかに、V Mobileと言う動画とメイキングもありまして、こちらのメイキングも実に細かに記載がされており、勉強になります。

動きも去る事ながら、各オブジェクトを配置した際の、デザインなども参考にされてみて下さい。自分も随分何度も何度も見て勉強をさせて頂きました。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る、沢山見る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする