Cinema 4D オススメ チュートリアル.22 ギター弦のモデリング

昨日で案件がひと段落し落ち着いたので、ガツガツとアップロードをして行きます。

おっと思ったチュートリアルが、ドイツ人の Niko Schatzさんから公開されていました。

Guitar Strings (Cinema 4D – Tutorial)

ギターの弦をモデリングしようと言う物でかなりリアルな仕上がりになっています。

作り方

・サークルスプラインの配置、オブジェクトに変換

・ナイフツールを使いカット、ポイントを伸ばし整列させる

・ツイストデフォーマーでスプラインにひねりを加える

・サークルスプラインを配置し、先に配置したスプラインでスィープナーブスを適用

・ベンドを使い、円形にまるめられている形状を作る

・チューブを配置、サイズをスプラインに合わせ、分割をしべベルを適用

・複製をし、回転で少しずらす。弦の太さはスィープナーブスの円の半径を大きくする

・ニッケル風のマテリアルの適用を行う

自分もギターを弾いているので分かるのですがとても精巧に作られています。ボールエンドと弦の接着方法や、ボディと接するエンドボールなど。

今から7年位前に練習をかねて自分で作ったテレキャスターですが、巻き弦をどの様にして作るのか、ネックの接合部の曲面の作り方がさっぱりわからずに途中でさじを投げた記憶を思いだしました苦笑 (Cinema 4DR12の頃だった気がします。)

頑張ってこのギターを仕上げてみるというのも手かと思っています。

Nikoさんですが、非常に素敵なチュートリアルを多数アップロードを行っていますのでお時間のある方は沢山作ってみると勉強になるかと思います。(マクソンで働いている方なのでしょか??)

その他オススメ チュートリアル

ギタースタンドのモデリング

ギターアンプ マーシャルのノブのモデリング かなり精巧に作られています。

フォトリアリスティックなインテリア、凄い格好良いです。

複雑な形状のかご。

抽象的な物体。

ギター 1本丸々モデリングをしたい方

In this Maya tutorial, we'll focus on advanced techniques for successfully modeling polygon forms. Software required: Maya 2015.

以前のDigital Tutors、現 Pluralsightのコースでストラトキャスターを丸々1本作ると言うコースがあり、全部で18時間のチュートリアルとなっています。月々29ドルから受講が可能です。使用ソフトはMayaなんですが、Cinema 4Dでも何とかなるんじゃないかな…と。

応用次第で色んな物の制作が出来ると思いますので、頑張ってチャレンジしてみてください。上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする