Cinema 4D オススメ チュートリアル.18 ポケモン モンスターボールのモデリング

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル18個目です。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動画が大変オススメです。

ポケモン モンスターボールのモデリング

大人気ポケモンに登場するアイテム、モンスターボールです。海外では、Pokeballとよび日本とは異なる名称の様です。非常に簡単なモデリングなので楽しみながら作ってみましょう。

作り方

・球体オブジェクトの配置、タイプを半球、分割数を100に

・球体オブジェクトを編集を可能にする

・ループ選択を使い指定した箇所を削除

・円柱オブジェクトを配置、角度を変え円に食い込む用に配置

・球体と円柱でブールを使い、型抜きをする

・ブールの状態で編集を可能にし、オブジェクトへ変換

・全選択をし(Ctrl A)、押し出しを適用厚みをつける

・新たな球体オブジェクトを配置

・上半分をコピーし、反転下側に配置

・円柱オブジェクトの配置、キャップとフィレットの設定

・各種制作をしたパーツにマテリアルの適用

・地面とライトの配置

非常に簡単で僅か12分で大人気ゲーム ポケモンのモンスターボールの出来あがりです。ブールオブジェクトと言う物を使いますが、この機能はモデリングで非常に多様します。オブジェクトとオブジェクトの交差点をどの様な処理をするのか?と言う物で、パラメータのブールタイプの設定で、

・AからBを引く

・AとBを合体

・AとBの共通部分

・Bを含まないA

など4つありますので、自分の好きな形になるのはどれなのか?設定を色々といじってみましょう。また、その他のパラメータで、

・高品質

・一体化

・生成されたエッヂを隠す

・交差エッヂをシャープにする

・交差エッヂを選択

とありますが、これは交差した箇所の処理が変わってきますので、色々といじってみて自分が好む物を調べてみましょう。ブールをした状態で、オブジェクト化が出来ますが、ブールをするアニメーションと言う物も出来ますので、使い方次第で色々な表現が出来るかと思います。

【2019 06月15日追記】 ポケモン5分モデリング にチャレンジ

Twitterで少しお祭りになっている、『ポケモン5分モデリング』に挑戦してみました。

モンスターボールのチュートリアルはシンプルでとても簡単なので、作るのに慣れれば全然5分以内にモデリングが可能ですね。Cinema 4Dの強みであるMographのグリッド配列を使えば、画像の様な数多くのコピーも一瞬にして作れます。

自分は2回程練習してみた所、4分程で作成、Mographで配置まで出来ました( ^^)

今回は最終的に、Redshiftレンダラーを使い書き出しをしました。影にノイズが落ちるのでサンプル数を1024に上げています。こう言ったブームに乗るのも面白いですね、良い勉強になりました笑

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする