Cinema 4D オススメ チュートリアル.3 ワイヤーフレームの山

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル3つ目です。

練習とはいえ、恰好良い物を作りたいですよね。こちらの動画が大変おススメです。

ワイヤーフレームの山

近未来風の線(ワイヤーフレーム)で表現したデコボコした山を表示をすると言った方法です。自分はこのワイヤフレームが大好きで本当に良く使います。

学べる事

・地形オブジェクトの配置

・カメラオブジェクトの配置と、ロックタグの配置

・地形オブジェクトへのランダムエフェクターの適用

・レンダリングのセルシェーダーの設定

・回転のアニメーション

・アニメーションの書き出し設定

ワイヤフレームは、レンダリング時の書き出し設定で指定するのですが、商品の動画や、メイキングなどでも使え、アイデア次第でなんにでも使えるので、是非ここで覚えておきましょう。

カメラを設置して、画面上で操作をするときに、間違って動かさないようにする『ロックタグ』と言う便利な物もありますので、覚えておきましょう。

ランダムエフェクターをオブジェクトに適用していますが、Mographの時以外にもこの様な使い方が出来ます、グニャグニャと有機的に動かす際にはとても使えますので、これも覚えておきましょう。

関連動画

細金卓矢さんの動画、Vanishing Pointでも、ワイヤーフレームの揺れる山と言う物を冒頭から利用をしています。この動画が発表された時の衝撃は凄い物がありました、傑作動画なのでこちらも見て動画内での使用方法などを学びましょう。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする