Cinema 4D オススメ チュートリアル.2 空を飛ぶ 紙飛行機

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル2つ目です。

練習とはいえ、恰好良い物を作りたいですよね。こちらの動画が大変おススメです。

空を飛ぶ 紙飛行機

空を舞う紙飛行機と、それに沿って表示される点線です。シンプルながら可愛らしく、色んな事に応用が出来ます。

学べる事

・プリミティブの配置

・オブジェクトへの変換

・ナイフツールによるオブジェクトの分割

・スプラインに沿うによる動きの制御

・背景オブジェクトの設置と、マテリアルによる色の付け方

・Sketch & Toonによるマテリアル設定

・アンビエントオクルージョンの設定

・トレーサーオブジェクトの設置

・カメラの配置

・スィープオブジェクトとブールによる点線の作り方

・レンダリング設定

ごく簡単に書きましたが、上記の様な流れになります。スプラインに沿って動かすなども大変多様をしますので、ここでマスターをしておきましょう。

飛行機を横に飛ばしながら、文字や画像などをAfter Effectsで合成をすればそれだけでオシャレな動画になりそうなので、応用、発展が出来ます。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする