Cinema 4D オススメ チュートリアル.1 輪切りになり出現する 立方体 

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアルです。

練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動画が大変おススメです。

輪切りになり出現する 立方体

非常に基本的な事ながら、幾つかの事を学べます。

学べる事

・プリミティブの配置

・オブジェクトへの変換

・エッジカットツールを使ったオブジェクトの分割

・別オブジェクトへの分離

・破砕オブジェクトへの子指定

・簡易とディレイエフェクターの使い方と効果

・Xpressoによる、エディタ表示の切り替え

どれも今後、Cinema 4Dを使う際には非常に多く使う物になるのでこのチュートリアルで学んでおきましょう。

はじめてCinema 4Dを扱う際に、オブジェクトがずっと画面に表示されている事に自分はかなり違和感を感じました。なんでこれずっと画面に出てるの??と。

・エディタでの表示

・レンダリングでの表示

で切り替えをしますので、覚えておきましょう。書き出しを行ったさいは、After Effectsで背景をつけるもよし、Cinema 4Dで背景をつけるのも良いと思います。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする