Cinema 4D オススメ チュートリアル.20 振動する物体 振動エクスプレッション

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル20個目です。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動画が大変オススメです。

振動する物体 振動エクスプレッション

After Effectsなどで制作をする際に、小刻みに揺れる、振動する指示にエクスプレッション、Wiggleと言う物があります。これとほぼほぼ同じ物で、Cinema 4Dにも小刻みに振動する、揺れる便利なエクスプレッション『振動エクスプレッション』があります。非常に簡単なのですが、効果的なので覚えておきましょう。

作り方

・動かしたいオブジェクトを選択

・右クリック、Cinema 4Dタグ、振動を選択

・タグを選択後、位置、スケール、角度好みのパラメータをいじる

以上で好みの振幅で常時アニメーションを行ってもらえます。各パラメーターにはアニメーション用のキーフレームの設定が可能なので、時間を追い振幅幅が増減するなども可能です。

オブジェクトの振動ではなく、カメラ自体に振動を付けたいと言う場合は、モーションカメラなどを設置しますと、人が手にカメラを持った微妙に振動するカメラの再現が可能です。パスに沿う、ターゲットの方向を向かせるなども設定が可能なので、色々と試してみましょう。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする