X-Particles と xpTurbulence で作る渦巻き模様

台風の進路が定まらず、かなりぐずぐずな感じです。早めにご自宅に戻られて下さいね。

時間を見て、xpTurbulenceを使う、こちらのチュートリアルを作って見ました。

Creating Swirly Patterns with X-Particles

後半の08:10秒以降からのチュートリアルで平面や、球状に沿わせたパーティクルのヘアーレンダー使い、渦巻き模様を作ると言う物です。前半も素敵なチュートリアルなので、気になる方は作ってみて下さい。

作り方

・球体か平面を配置

・xpEmitterを配置、Emitter ShapeをObjectに変更する

・上記Objectにパーティクルを這わせたい物体を入れる

・xpFollowSurfaceを適用し、xpTurbulenceを適用、ノイズタイプをCurlに変更

・xpTrailを適用

・各種パラメーター、スケール、フリークエンスをいい具合にいじる

ここからOctaneになる。

・Hairマテリアルの適用、オブジェクトタグで細さを決め、カメラタグで被写界深度を付ける

と以上になります。Cycles4Dでヘアマテリアルを細く出来ないかと色々とパラメーター、ノードなどをいじったのですが、何処にそのパラメーターがあるのか分かりませんでした。

細くないとイマイチ格好良い具合にならないですね、ムンクの絵の背景の様な感じになってしまいました。

まあ、これはこれで面白かったので良しかなと思っています。素敵なチュートリアルでしたのでお時間のある方は作ってみて下さい。それにしても、xpTurbulenceの使いやすさは本当に凄いですね。色んなシーンに彩りを与えてくれます。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cycles 4Dにて綺麗に作る方法が分かりました。

Cycles 4D版 X-Particles と xpTurbulence で作る渦巻き模様
こんにちは、ここ最近少し暖かかったり、冷え込んだりと大変ですが体調管理など大丈夫でしょうか?年末の1番忙しい時納品立て込むと思いますが、しっ...

X-Particles 学習用のまとめを記載しました。

X-Particles 学習用 サイト チュートリアル動画まとめ(追記:2019年04月11日)
今年も残り数日ですね。納品がまだ残っている方無理はせず、年越しを作業場ですごすなどの最悪な事態は避けられて下さいね笑

Cycles 4D 学習用のまとめを記載しました。

Cycles 4D 学習用 サイト チュートリアル動画 まとめ(追記:2019年04月11日)
こんばんは、本日も少し時間を見てCycles 4D、X-Particles4の練習をしていました。xpExplosiaFXもようやく取り掛か...

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする