Cinema 4D オススメ チュートリアル.14 ステージオブジェクトとカメラの切り替え

Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル14個目です。今回は効率良くカメラを切り替えるチュートリアルです。こちらの動画が大変オススメです。

ステージオブジェクトとカメラの切り替え

あるシーンをCinema 4D上で制作をしている時に、ここでカメラを切り替えてと・・・、レンダリングを分けて出力している方はいませんか?実はプロジェクト上で、自在にカメラの切り替えが可能です。その際に利用をする、ステージオブジェクトの紹介です。

学べる事

・プリミティブの配置

・カメラの配置

・ステージオブジェクトの配置

・指定のカメラのドラッグ&ドロップ、キーフレームの追加

と非常に簡単です。自分もこのシステムを知らない頃はレンダリングをシーンごとに分けて行っていたのですが、このシステムを知ってからは利用させてもらってます。只切り替わるシーンギリギリで編集をすると万が一の変更の際は厄介なので、少し前後にフレームを余分に付け足していますけどね・・。

このステージオブジェクトは、カメラだけの切り替えだけではなく、

・空

・前景

・背景

・環境

なども変更が可能ですので、興味のある方は色んな物で試してみて下さい。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする