INSYDIUMさんから 新しいチュートリアル Procedural Growth 公開

またまた、随分と久しぶりの更新になります。前回ブログに記載をしましたが、SNS配信の為の動画を1,000本作って欲しいと言われ、

『てんやわんや』

して、それと同時にプログラミング講習にも参加をしてと忙しくしています。学生の方、一旦働きだすと本当に時間がないので割かし自由がきく学生の頃に多くの事を学んでみて下さいね。

最近Houdiniの本が2冊販売されたので、購入をしてみました。『Houdini Apprentice』(アプレンティス…見習いや弟子の意味)と言う無料体験版もあるらしくこちらも時間があればいじってみたいのですが、本をパラパラと読んだ所で止まっています。

Houdiniは、Cycles 4Dの様に、ノード同士を連結し形状を作成するProcedualな機能を売りとしているソフトウェアの様です。

今回購入をした、Houdiniの本ですが下記の2冊になります。北川さんがお書きになった書籍は、実例を元に作っていく書籍です。佐久間さんがお書きになった書籍は、Houdiniの基本的な操作から、数学力学、プログラミング言語にまで及んでおり高度な内容になっています。

また時間をみてこちらのブログにて書評を記載したいと思いますのでお待ち下さい。何やかんやと急がしくすみません…。忙しいのはいい事なんですけどね笑

INSYDIUMさんから 新しいチュートリアル Procedural Growth 公開

先ほど、INSYDIUMさんのTweetで公式の最新チュートリアル『Procedual Growth』が公開されました。

X-Particles4で搭載された新しい、Xp Cell Autoを使った発光するウニウニする物体の制作を2本の動画、都合1時間30分のチュートリアルとなっています。

以前にこの物体を作ろうと奮闘をしたのですが、Cycles 4Dでマテリアルを組むことが出来なかったので、後半部分を先程ざっと見たのですが、

『あ~~こうやってノードを組んでいたんだ。』

と目から鱗でした。かなり格好良い物が仕上がるので、時間のある方はチュートリアルを参考に作ってみて下さいね。

X-Particles4 新機能 xpCellAutoを試してみました
今年も残す所、2週間を切りましたね。年内納品に向けて動かれている方もあと少し頑張られてくださいね。本日は、アップグレードを行ったX-Part...

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする