医療用アニメーション 細胞への注射チュートリアル

ここ数日過ごしやすい気温天気ですね。体調管理には気をつけてこの夏を乗り切りましょうね。

Cinema 4DのR20の発表があり、新機能がまた追加されていましたね。自分は少し古い物を使っているので時間をみてアップデートを行いたいと思います。さて、今日はCinema 4Dのチュートリアルで医療用アニメーションの物がありましたのでご紹介になります。

Medical Animation Tutorial with Cinema 4D & After Effects

52分と少し長めの動画なのですが、Cinema 4Dを使い

・モデリング

・アニメーション

・テクスチャの設定

までを行い書き出し。After Effectsに動画データを持って行き、

・色調補正

・魅力的に見える様に各種エフェクトの合成

を行い最終的にかなりレベルの高いアニメーション完成までとなっています。

のっぺりとした単調なアニメーションがAfter Effectsを使い合成、補正を行う事によりどれ程見た目に変化がでるのか?が肝になるので、お時間のある方は是非作ってみて下さいね。

この動画の制作者のDennis Weiさんは、これ以外にも下記2本の医療用アニメーションのチュートリアルもありました。是非作ってみましょうね。

その他の医療用アニメーション

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする