Cinema 4D で制作されたかっこいい映像 その4 『Gullruten 2013 Jørgen Håland』

Cinema 4Dで制作された動画の紹介ですが、4回目はゴージャスな映像の紹介をさせて頂きます。完成物は僅か17秒と、数秒のワイプなのですが作りこみ具合を是非目で見て学んでみてください。

『Gullruten 2013 Jørgen Håland』

ノルウェーのアートディレクター兼、モーションデザイナーのJørgen Hålandさんの作品です。ノルウェーのテレビ業界の授賞式のアタック、ワイプの様で非常にきらびやかでゴージャスな作品となっています。最後の無数の球がフワッと出てくる箇所など、ハッとしますよね。

メイキング

コンセプトを元に、極簡単なモデリングを行い、無数のスポットライトに、優雅に動く球体の制御と順を追って作品が完成するのを見ることが出来ます。

床の球体の動きの制御には、プラグインのHOT4Dで行っている様です。CUBELICさんのブログに紹介がありましたので興味のある方はダウンロードを行ってみて下さい。球体だけでなく色んなものに応用が出来そうですね。

関連動画

Jørgen Hålandさんですが、Cinema 4Dにて、BTTF2に出て来たHoverboardをモデリングし動画を公開されています。

CGを使えばこういった事も可能なので、頑張って作ってみて下さい。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る、沢山見る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする