Cycles 4Dを使ったワイヤーフレームの表現

ここ最近仕事がひと段落をし時間がとれやすいので、空き時間をみてはX-ParticlesとCycles 4Dの練習をしています。久しぶりにソフトを操作して色々作ると面白いですね。

まあ、それにしても沢山の効果やパラメータがあり習得にはまだまだ時間がかかりそうです。ここに更に追加をして新機能や、レンダーのノードを学ばないといけないので時間が幾らあっても足りないのではないかと思っています苦笑

頑張って習得を行いたいと思います。

最近練習で作った物

xpNetworkとxpTurbulanceの組み合わせ。

純粋なパーティクル。レンダリングがかなり、軽くて驚きます。

xpTrailと、xpSpin、xpTurbulanceの複合物。とにかく手当たり次第にチュートリアルを見て色々と作っています。本当に面白くて夢中になってやっています笑

ただ色々と操作をしていても、ここってどうなんだろう?これってどうしてこうなんだろう?と分からない事も多いので、中々大変です笑

その中で、新たに覚えた機能が、Cycles 4Dでのワイヤーフレームの表現です。凄く簡単なので是非作ってみて下さい。

Cycles 4Dを使ったワイヤーフレームの表現

Webinar – Cycles 4D for Motion Design

こちらで、INSYDIUMのテクニカルディレクター Mario Tran Phucさんが解説をしているのですがとても分かり易いです。

動画全体の流れとしては、3つのセクションから構成されており

1. Cycles 4Dの概要 マテリアルノード解説(ここで、ワイヤーフレームの解説あり)

2.Mographでのマテリアルノード解説

3.X-Particlesでのマテリアルノード解説

と公式ならではの分かり易さと、Mario Tran Phucさんの作る動画例がどれも最高に格好良いので頑張って覚えようと言う気になります。時間がある方は動画一式、50分と少し長いですが見てみて下さい。

ワイヤーフレームのノードの組み方ですがあっけに取られる程に簡単で、Wireframeのノードを設定し、Fac(Factorの略)に繋げてPixel Sizeにチェックを入れて、好みの線のサイズに変更をするだけです。凄く簡単で効果抜群と良い事だらけです。

自宅にあった、ハイポリのモデルにサンプルとして適用をしてみました。

シンプルにワイヤーフレームのみ。

エミッション(発光)を追加。

エミッションにフレネルを追加し、グラデーション感をプラス。

ライティングを工夫しました。

簡単ながら見かけがガラッと変わるワイヤーフレームは色んな所で使える素材となりますので、この機会に是非ノードを覚えておきましょうね、またパラメーターをいじるなり、ノードを組み替えるとどうなるか?など色々とチャレンジしてみてください。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dで作るワイヤーフレームの山のチュートリアルです。

Cinema 4D  オススメ チュートリアル.3 ワイヤーフレームの山
Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル3つ目です。 練習とはいえ、恰好良い物を作りたいですよね。こちら...

INSYDIUMのテクニカルディレクター Mario Tran Phucさんをこちらのチュートリアルでも紹介しています。

Cinema 4D オススメ チュートリアル.19 抽象的な物体 変位デフォーマとノイズシェーダ
Cinema 4Dの操作を学ぶ際に、オススメをする簡単なチュートリアル19個目です。練習とはいえ、恰好の良い物を作りたいですよね。こちらの動...

Cycles 4D 学習用のまとめを記載しました。

Cycles 4D 学習用 サイト チュートリアル動画 まとめ(追記:2019年04月11日)
こんばんは、本日も少し時間を見てCycles 4D、X-Particles4の練習をしていました。xpExplosiaFXもようやく取り掛か...

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする