X-Particles と Cycles 4Dをセットで学ぶオススメチュートリアル 4つ

少し前に、INSYDIUMのYouTubeチャンネルにアップロードされていた、X-ParticlesとCycles 4Dのセットにしたチュートリアルを時間を見て作っています。

どれも恰好良く、勉強になる物ばかりなので本日はこのチュートリアルの紹介になります。

X-Particles と Cycles 4Dをセットで学ぶオススメチュートリアル 4つ

大元となっているのは X-particles4 新機能紹介動画のこちらです。

この中で特に恰好良い部分のシーンを各種チュートリアル形式にまとめ、現在までに4種類が公開されています。

1.xpReel Tutorials, Procedural Growth

Part1 30分50秒  Part2 1時間15分42秒  2本合計で 1時間46分32秒です。

印象的なイガイガが発生するシーンの箇所です。Part1で発生の手順の設定をして、Part2でCycles 4Dでのマテリアル設定を行います。かなり複雑なマテリアルをノードで作って行きます。

YouTubeのコントロールバーの歯車の左にある、アイコンをクリックすると英語字幕が表示されるので是非活用をしましょう。

2.xpReel Tutorials, Particle Advection

Part1 28分58秒  Part2 48分22秒  2本合計で 1時間17分20秒です。

イガイガから発生する、繊細なパーティクル生成部分のチュートリアルです。こちらもPart2のマテリアル部分に力を注いでいまして、レンダリングの書き出し設定、最終的にAfter Effectsでの合成まで持っていってます。是非、作ってみましょう。

3.xpReel Tutorials, Water Helix

Part1 43分52秒  Part2 37分29秒  2本合計で 1時間21分21秒です。

印象的な、炎と水が絡まりながら上昇するシーンを作り込んで行きます。今回のチュートリアルでは、水のみを取り扱っています。透明のマテリアルの作り方を学びましょう。

4.xpReel Tutorials, Strange Cloth

Part1 38分24秒  Part2 1時間31分14秒  2本合計で 2時間09分38秒です。

これまた印象的な布が絡み合うシーンになります。今回の4本のチュートリアル動画の中でもっとも長い、2時間を越える構成です。布の細かな模様などがどの様に出来るかを是非作って学んでみましょう。

4つのチュートリアルですが、どれも難易度は高いですが最高に恰好良く、勉強になるので是非作ってみましょうね。

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

Cinema 4Dの基礎を学ぶには、こちらの2冊がオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする