Unity パーティクルシステム Shuriken ゲームエフェクトの効率的な学習方法 まとめ

少し前から、スマホアプリでのゲーム開発に参加をしています。プログラマーはアニメーションが不得意な方が多く、主に効果 ゲームエフェクトに携わっています。

 

 

ここ最近はUnityのパーティクルシステム Shurikenを集中的に学習していたので、学習方法のまとめを記載したいと思います。書籍ベース、有料の物が多めとなっているのですがご了承下さい。

前準備段階としてオススメ書籍

Shurikenの学習前にオススメとして、『そもそもゲームエフェクトとはなんぞや?』と言う物を学んでおいた方が学習効率が良いので下記の書籍を一読がオススメです。

BISHAMON ゲームエフェクトデザイン入門

BISHAMON ゲームエフェクトデザイン入門です。ゲームエフェクトとはなんぞや?から始まり、エフェクトを作る際の注意点、効果に使われるテクスチャの各種作り方、と包括的に書かれており、BISHAMONと言うソフトウェアを使わない場合でもエフェクト自体の勉強になります。

 

最初に購入をしておくべきオススメ書籍です。

 

イラストでわかる物理現象 CGエフェクトLab.

CGワールドにて連載されていた物をまとめた、イラストでわかる物理現象 CGエフェクトLab.です。ゲーム内で、炎、煙、雷など自然界で起こる物理現象を再現する事があるかと思いますが、どうも本物と比べると見劣りをするなあ…と言った事はありませんか?

 

その際に手助けとなるのが本書であると思います。豊富な実例と考察、イラストを元に記載されているので、現実世界に即したよりリアルで見栄えがある物を作れる手助けになります。書籍内では、3ds Max、FumeFXを利用しているのですが、

 

『大元となる、自然現象の成り立ち、考え方』

 

を学ぶものと思えば問題ないかと思います。一番最後にゲームでの魔法陣や火文字での作例もあり、リアルで恰好良い仕上がりになっています。

 

Unity パーティクルシステム Shuriken ゲームエフェクトの効率的な学習方法 まとめ

公式マニュアル

https://docs.unity3d.com/jp/460/Manual/class-ParticleSystem.html

まずは、操作で行き詰まったら公式のマニュアルを一読することをオススメします。良くある海外マニュアル直訳の分かり辛い日本語ではなく読みやすいのが特徴です。すぐに読める様にブックマークに登録をしておきましょう。

 

Unity ゲームエフェクト入門 Shurikenで作る! ユーザーを引き込む演出手法

ktk.kumamotoさんのUnity ゲームエフェクト入門です。元データも配布されており、作例も基本となる物から順にレベルアップしていき、つまずく事なく進めて行くことが出来るかと思います。

 

2度~3度と読み返し何度も作ってみる事をオススメします。

 

Unity ParticleSystem 基本モジュール紹介

同じく、ktk.kumamotoさんが作ったShurikenの基本モジュールの操作方法で良く使う物のみをまとめた書籍。500円と安価なので、予算がある方はこちらも購入し、いつでも読める状態にしておくと勉強が進むかと思います。

ktk.kumamotoさん YouTubeチャンネル ブログ

上記2冊の著者ktk.kumamotoさんが開設しているYouTubeチャンネルです。パラメーターの各種紹介や、作例見本を動画で見る事が出来ます。

 

動画1本あたりの時間が短いのでサクサクと見る事が出来ます。チャンネル登録をしておき、勉強と一緒に見る事をオススメします。

https://www.youtube.com/channel/UCC2FvIcxyCwYTLFakJ5OKxQ/featured

 

ブログもお持ちになり、Shurikenの事が多く記載されていますので、一緒に見てみるのをオススメします。

http://ktk-kumamoto.hatenablog.com/

 

CGワールド オンラインチュートリアル Unity Shurikenで作るはじめてのゲームエフェクト

上記の流れで進めるとボンヤリとUnityでのShurikenの使い方が分かって来るかと思います。そこで更にクォリティアップする為に、こちらのチュートリアルを購入する事をオススメします。

 

https://tutorials.cgworld.jp/set/267?from_category_id=15

 

CGワールドが運営をしている、オンラインチュートリアルで秋山 高廣さんが講師を務めるUnity Shurikenで作るはじめてのゲームエフェクトです。

 

現場のプロが作る実践的な内容が豊富に入っており、作例がどれも素晴らしくとても勉強になります。基礎的な使い方も含まれているので、上記の流れで本の受講を終えた後にこのチュートリアルを受ける事で理解がより深まるかと思います。

 

この講義を受ける事で、

 

『Random Between Two Constants』

『テクスチャの重ね方』

 

が如何に重要であるか、クォリティの上げ方が学べます。4,200円を支払ってでも受講する事をオススメさせて頂きます。

 

Shurikenチュートリアルを公開中のYouTubeチャンネル

ここまで無事にこなせたのであれば、練習も兼ねて沢山エフェクトを作ってみましょう。海外の方のYouTubeチャンネルが多いのですが、いいなと思った物をこちらにまとめてみました。

 

DucVu FXチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC5ZauAWNyh931gRJUqB1QPw/videos

サムネイルでどんな物が作れるかが一目で分かるので沢山作ってみましょう。

 

ErbGameArtチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCMqxbFCPmfH1Gf6dMIIvI4A/videos

こちらも多種多様なエフェクトの作り方をおしげもなく公開しています。是非チャンネル登録をし、沢山作ってみましょう。

 

Gabriel Aguiar Prod.チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCtb1s859RTxx-RIgFs5ZVQA/videos

こちらも多種多様なエフェクトの作り方をおしげもなく公開しています。

 

Sirhaian’Artsチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCUqIetx0scoe79qZTovn9BA/videos

こちらも多種多様なエフェクトの作り方をおしげもなく公開しています。

 

王瑞チャンネル

https://www.youtube.com/user/0110wangray/videos

繊細で綺麗なエフェクトを多く公開しています。是非作ってみましょう。

 

Mirzaチャンネル

https://www.youtube.com/user/TheMirzaBeig/videos

グローの発光具合がとても印象的な作例が多く表示されています。

 

imn namチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC74Ictcvlnz9WiEfpyhmiXA/videos

こちらも、グローの発光具合がとても印象的な作例が多く表示されています。

 

Unity Shurikenの学習法まとめ

ざっとですが、学習に使えそうな物を順番に記載してみました。自分もUnityを扱いだして数ヶ月なので、ようやく初心者を抜け出た位のレベルです。今後、勉強になるなと思った事に関してはこちらに追記を行いたいと思います。

 

当ブログのこの記事が、上記で紹介しているチュートリアルの講師 秋山さんのブログで紹介頂きました。是非こちらの記事もご確認下さい。

ゲームエフェクトのはじめかた①

 

テクスチャの作り方はこちらにまとめました。

https://yomikakimanabu.net/unity_texture/

Shurikenを利用をしている中で小技をまとめてみました。

https://yomikakimanabu.net/unity_shuriken_tips/

クリーク&リバー社がゲーム業界向け クリエィティブスクール無料講座開講中。

https://yomikakimanabu.net/creative_school/

 

上達をするには、沢山操作する、沢山作る。これが一番効果的です、頑張って作ってみましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です